2018年3月卒の新卒採用を開始しました
サイト内を閲覧・利用するためにはアドビ社のAdobe Reader 及び Adobe Flash が必要になります。

お持ちでない場合は上記のバナーからダウンロードしてご利用ください。

ガスの豆知識
【LPガスの概要(1)】
≪LPガスとは?≫

LPガス(LPG)とは、Liquefied(液化)Petroleum(石油)Gas(ガス)の頭文字をとった液化石油ガスの略称で、プロパン(C3H8)とブタン(C4H10)を主成分とする炭素と水素の化合物です。
LPガスは常温常圧下では気体ですが、常温下2〜7気圧程度の低い圧力を加えたり冷却することによって簡単に液体になります。
液体になる温度は常圧下ではプロパンで−42℃、ブタンで−0.5℃です。一方、メタン(CH4)を主成分とする天然ガスを液化したものをLNG(Liquefied Natural Gas)といいますが、天然ガスは−162℃に冷却しないと液化しません。

ガスの豆知識
【LPガスの概要(2)】
≪LPガスの主な特長≫

LPガスには、主に4つの特長があります。

環境にやさしいクリーンエネルギーである
LPガスは化石エネルギー(石油・石炭・天然ガス・LPガス)の中でも天然ガスとともに二酸化炭素の排出量が少ないエネルギーです。また、環境に悪影響を与える硫黄酸化物(SOx)、窒素酸化物(NOx)、浮遊性粒子状物質(SPM)をほとんど発生しません。

災害対応力に優れている
LPガスは1戸ごと個別に供給する「分散型エネルギー」です。災害により供給がストップした場合でも、配管など供給設備の点検が短時間で済み、その場で修理することができるため迅速な復旧が可能です。また、LPガスは避難所や仮設住宅へ迅速に設置することができ、被災者の方の生活を支援することができます。

●安全・安心なLPガス
これまで、LPガスに関する安全・安心の確保という観点から様々な技術開発が行われきました。多くの安全機器が実用化され、安全・安心の確保に大きく貢献しています。
また、LPガス業界としても様々な保安活動に取り組んでいます。

●快適で、省エネルギーなLPガス機器
LPガスの環境性をより活かすため、家庭用・業務用・工業用などの幅広い分野で様々な技術とシステムが開発・導入されてきました。
近年では、地球環境問題へ効果的な家庭用燃料電池「エネファーム」の一般販売が開始され、今後の普及が期待されています。
その他にも「Siセンサーコンロ」、「エコジョーズ」、「エコウィル」など、省エネ性の高いLPガス機器があります。

ガスの豆知識
【LPガスの概要(3)】
≪国によるLPガスの位置付け≫

政府が策定する「エネルギー基本計画」において、LPガスは天然ガスとともに「クリーンなガス体エネルギー」として位置付けられており、LPガス利用の効率化・多様化や経営の効率化の推進等が示されています。
長期エネルギー需給見通し

ガスの豆知識
【人と環境にやさしいLPガス】
水害や生態系、人間社会にさまざまな影響を及ぼす地球温暖化。その主たる原因となっているのはCO2の排出量です。
LPガスは化石燃料のなかでも最もCO2(二酸化炭素)の排出量が少なく、天然ガスとともにクリーンなエネルギーである(2003年10月に閣議決定された「エネルギー基本計画」より)と位置付けられています。また、酸性雨の原因となるSOx(硫黄酸化物)の排出がほとんどないことに加えて、エネルギー効率がきわめて高いことから重大な危機に直面する地球温暖化問題にとって理想的なエネルギーのひとつとなっています。

≪「クリーンエネルギーとして、優れているところ!」≫

●燃焼による排ガス中のCO2の量は、石油や石炭に比べてすくない。

●LPガスには硫黄分の含有量がほとんどなく、窒素も含まれていない。

●ススや灰分を出さない。

●オゾン層破壊の心配がない。

●環境にやさしい自動車として普及をはかるための補助金などの制度が整備されています。

●特定フロンガスの代替の噴霧燃料としてヘアスプレーや殺虫剤など、手軽で便利なエネルギーとして使われています。

●環境によいことと併せて、都市ガスに比べカロリーが高い高品質なエネルギーです。

ガスの豆知識
【安心・安全なLPガス(1)】
≪LPガスは災害に強いエネルギー≫

LPガスは、容器(ボンベ)を各家庭に設置していますので、配管が短く、災害後の点検が容易です。このため、復旧が早く、点検が完了した家庭からすぐにガスの使用を再開することができます。
2007年新潟県中越沖地震の時には、都市ガスや水道のライフライン網が寸断され、倒壊家屋等を除き、復旧するまでに約1ヶ月半の期間を要しましたが、LPガスは約1週間で復旧し、また、被災者のための避難所や仮設住宅などへの供給でも大活躍するなど、防災都市づくりに必要不可欠なエネルギーであること が改めて実証されています。

※災害に強いLPガスでも、日頃からの心がけを大切に!

●緊急対応が速やかにできるよう、ガス器具の周りは常に整理整頓を!

●容器バルブの閉め方も覚えておきましょう。
(集合住宅にお住まいの方は、容器バルブやメータの元栓の閉め方も覚えておきましょう!)

●容器がチェーンなどでしっかり固定されていない場合は、LPガス販売店または保安機関にご連絡ください。

●容器の周りに落下物や飛ばされやすいものは置かないようにしてください。

ガスの豆知識
【安心・安全なLPガス(2)】
≪災害に素早く対応する豊富な安全機器≫

(1)ヒューズガス栓
ゴム管が外れるなどしてガスが大量に流れたとき、自動的にガスを止め、ガス漏れを防ぎます。

(2)マイコンメータ
ガス漏れなどガスの流れに異常があると、マイコンメータに内蔵されたマイコンと遮断弁が働き、ガスを遮断します。
マイコンメータには、大きな地震(震度5相当以上)の際にはガスを止めるなどの、保安機能が搭載されています。

(3)コンロに搭載された安全装置・機能

●立消え安全装置・・・風や煮こぼれなどで火が消えると、安全装置が働いて自動的にガスを止めます。

●過熱防止装置・・・天ぷら鍋などが熱くなりすぎると自動的にガスを止め、過熱による火災を未然に防ぎます。

●消し忘れ消化機能・・・連続使用しているこんろ・グリルに一定時間でガスを遮断し、消し忘れを防ぎます。

(4)CO(一酸化炭素)警報器
不完全燃焼で発生したCO(一酸化炭素)を感知し、ブザーや音声で知らせます。

(5)ガス漏れ警報器
万一のガス漏れをブザー(または音声)で知らせます。

ガスの豆知識
【LPガスの正しい使い方(1)】
≪災害時の対策≫

@『地震のときは・・・』
地震でいちばん恐いのは、火災による二次災害です。揺れがおさまるのを待って、あわてず、落ち着いて火の用心を心がけましょう。

●ガス栓・器具栓をすべて閉めてください。

●室内の火を素早くすべて消してください。

●電気のブレーカーを落としてください。

A『火災のときは・・・』
容器バルブを閉め、消防署員などに容器の位置を知らせ、後の処置を頼んでください。

B『台風・洪水のおそれがあるときは・・・』
容器バルブを閉め、容器が倒されたり流されたりしないか、しっかりと固定されているかを確かめてください。
(社)エルピーガス協会:『容器バルブの閉め方』
LPガス安全委員会:『マイコンメータの表示と復帰方法』

ガスの豆知識
【LPガスの正しい使い方(2)】
≪LPガスの性質≫

●空気よりも重い
LPガスは空気よりも重く、もれると低いところや物かげにたまる性質があります。もしガスがもれたら、下の方の風通しを良くしてガスを屋外に追い出しましょう。

●ニオイをつけてある
LPガスそのものは無色無臭ですが、もれたときに分かるようにタマネギが腐ったようなニオイをつけてあります。

●燃焼にはたくさんの空気が必要
LPガスが燃焼するためにはたくさんの空気(酸素)が必要です。室内でガスを使用するときは、十分に換気をしてください。

●液化した状態で容器に入っている
LPガスは圧力をかけて液化した状態でLPガス容器に入っています。

●クリーンなガス
LPガスは環境負荷が相対的に小さく、クリーンなエネルギーであると位置づけられています。